振袖写真のみの方に朗報!振袖専門店での前撮りはオトク♡

成人式に振袖は着ないけれども、記念に振袖写真は撮っておきたい。そんな人におすすめなのが、振袖専門店での前撮りプランです。前撮りプランとはどんなプランなのか、なぜおすすめなのかをご紹介します。

1.振袖写真のみ撮りたい人とは?

①成人式は出席しない

振袖写真のみ撮りたい人に多いのが、すでに働いていて休みが取れない、留学して海外にいるなどの事情があって成人式に出席しない・できない人。式に出ないから振袖は着ない、でも振袖写真は残しておきたいという場合ですね。

②振袖は着てみたい

成人式には出席するけれども、洋装のほうが動きやすくて好き、あるいはスケジュールが詰まっているなどの理由から当日は振袖を着る余裕がないという人もいることでしょう。このような方の中にも、振袖写真だけは残しておきたいという人がいます。

③高額なお金は出したくない

振袖を購入する人も、レンタルする人も、まずはお気に入りの振袖を見つけよう♪

可愛すぎる!人気モデルのイチオシ振袖コレクションはこちら!

お気に入りの振袖がきっと見つかります!モデル満載の振袖カタログを取り寄せよう♪

振袖は、レンタルするにしても購入するにしてもお金がかかります。予算は、レンタルでも20~30万円、購入だと30~40万円くらいかかることが一般的。これに、場合によっては着付けやヘアメイクなどの料金がかかってきます。

これだけのお金があるなら、勉強や留学など、自分のために使いたいと思う人も少なくありません。しかし、そんな人の中にも、せめて記念として振袖写真のみは残しておきたいと思う人は多くいます。

2.振袖専門店の振袖の良いところとは?

①品質は確か

振袖専門店には、老舗の呉服店から生まれたお店が多くあります。ですから、職人さんなどとのつながりも強く、仕入れる振袖も型染め、手描き、刺繍など、昔ながらの技法を使った高品質ものがほとんどです。

また、独自の仕入れルートを持っているところも多く、高品質なものをリーズナブルに扱っているというのも振袖専門店の特徴のひとつです。中には、同等の振袖を老舗呉服店の約半額で取り扱っている振袖専門店もあります。

②アフターフォローとメンテナンス

着物のクリーニングやしみ抜きなどのメンテナンスには、専門の知識や経験が必要です。振袖専門店では、振袖のメンテナンスを専門の業者に任せ、いつでも快適に、美しい状態で振袖を着ることができるようにしています。

③伝統の柄も最新の柄も揃う

着物には、昔ながらの古典柄、今っぽいモダン柄、ドレス感覚で着られるグラマラス柄など、さまざまな柄があります。たとえば、老舗の呉服店などでは古典柄は豊富にあるけど今っぽい柄は見つかりにくいなどの傾向がありますが、振袖専門店ではそのようなことはまずありません。

伝統的な柄も、最新の柄も揃っています。

また、数年前はモダン柄が人気だったけれども最近は古典柄が人気……というように、振袖にもちゃんと流行があります。この流行を抑えたラインナップが揃っているというのも、振袖専門店の強みでしょう。

3.知ってる?振袖専門店の写真のみプランは高くない

①アルバム・ヘアメイク・着付け込みで3万円台から

振袖写真は残したい、でも、振袖専門店で振袖をレンタルするのは高くつく。そう思っている人に注目していただきたいのが、振袖専門店の写真のみプランです。 写真のみプランというのは、その名前のとおり、振袖を着て写真を撮るだけのプラン。

振袖レンタル代、写真撮影代はもちろんのこと、着付けやヘアメイク、アルバムなどがセットになっています。お値段は、振袖専門店による違いはありますが、おおむね3万円台から。レンタルに比べるとかなりリーズナブルです。

②ママの振袖を持ち込むなら2万円台より

最近注目されているのが、「ママ振袖」つまり、成人式にママが着た振袖を着ることです。ママにかぎらず、お姉さんや親戚の人から譲られた振袖を着て、振袖写真を残したいという人もいることでしょう。

振袖専門店の写真のみプランの中には、このようなママ振袖に対応しているプランもあります。ママ振袖などの振袖を持ち込む場合、価格はおおむね2万円台からとなり、さらにリーズナブル。これなら、比較的気軽に振袖写真を撮り、残すことができそうですね。

まとめ

振袖専門店の写真のみプランなら、プチプライスで振袖写真を残すことができます。成人式には振袖を着ない、でもせっかくだから記念に写真くらいは残しておきたいと考えている人は、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。きっと、一生の記念になりますよ!

-振袖をお探しなら-

一生に一度の記念日に花を添える「振袖」

振袖をお探しならば、是非、お近くの『一蔵』へ。あなたにピッタリの振袖が見つかるかもしれません。