• Facebook
  • Instagram
  • Twitter
傘を持った女性

高身長女子におすすめの振袖は?押さえておくべき7つの基本

高身長の人は、モデルのように流行のファッションも着こなしやすいイメージがありますが、振袖はどうなのでしょうか。

振袖も洋服と同じように体型や身長などによって似合うものは変わってきます。
ここでは、高身長女子に似合う振袖を選ぶために押さえておきたい基本のポイントを7つご紹介します。

1.高身長の人におすすめの振袖は総柄か大きな柄で濃い色のもの

高身長女子におすすめの振袖は?押さえておくべき7つの基本
高身長の人に似合うおすすめの振袖のポイントをまとめてみました。振袖を選ぶ際にはこの基本ポイントを押さえておくことをおすすめします。

  1. 柄は大きめか華やかな総柄
  2. 色ははっきりした濃いもの
  3. 柄の隙間は少なめ
  4. 小物はレースの半襟やレザーのバッグなど振袖のインパクトを調整するものを選ぶ
  5. 帯は低めに巻き、襟元はゆったり着付ける
  6. ヘアセットはシンプルなまとめ髪が一般的だが柔らか&カワイイを取り入れてもOK
  7. 対応サイズの在庫が少ないため、早めに探し始める

1-1.高身長の人の振袖は大柄で華やかなものがおすすめ

高身長の人におすすめな振袖の柄は、全体に柄が散りばめられた総柄や、大輪の花やレトロ柄です。

高身長の人は振袖の生地の範囲も広く、奇抜な総柄や大きな柄でも重い印象にならず、華やかで豪華な印象を引き出せます。地色はネイビーやブラックなどの濃色を選べばかっこよく引き締まった印象になります。

また、地色が見えないくらい柄が敷き詰められているデザインの振袖も、高身長の人が着ると素敵です。

逆に小さめの柄や無地に近い振袖は、帯下から裾までが長く面積が広い高身長の人にとっては寂しくみえてしまうことがあります。どうしても小さめの柄や無地に近い振袖を着たい場合は、振袖の色や小物選びで調整しましょう。

1-2.高身長の人の振袖の色は濃色や鮮やかな色がおすすめ

高身長の人におすすめな振袖の色は、赤や黒などコントラストが強くはっきりとした濃色です。黄色や濃い緑など多色使いの華やかな振袖もよく似合います
最近流行りのレトロポップ柄も高身長の人ならおしゃれに着こなせるでしょう。

シンプルなデザインの振袖を選ぶ場合は、特に濃い色を選ぶことで大人っぽい印象になります。

1-3.高身長の人の振袖姿に合わせたいおすすめの小物類

高身長の人は振袖を着ると振袖自体のインパクトが強くなるため、小物選びには注意が必要です。

レースの半襟で可愛らしさをプラスしたり、レザー素材のバッグで洗練された印象を引き立たせるのもおすすめです。

1-4.高身長の人が振袖を着るときの着付けとヘアセットのポイント

帯の位置
高身長の人が振袖を着るときは、帯は低めにするのがおすすめです。
帯はバストのすぐ下のあたりに巻くのが一般的ですが、高身長の人の場合は子どもっぽく見えてしまうこともあるからです。

帯を下にすることで緩みやすくなるため、きつく結ぶ必要があります。逆に襟元はゆったりさせて帯を大きめに結ぶといいバランスで着こなせます

高身長の人が振袖を着るときの髪型はシンプルなまとめ髪が映えますが、顔の輪郭や顔立ちによっては大人っぽくなりすぎるかもしれません。
ふんわりポニーテールなど柔らか&カワイイを取り入れたヘアセットもおすすめです。

1-5.高身長の人対応サイズの振袖は早めに確保

振袖をレンタルまたは購入する場合、最近は2年前から探し始める人も増えています。高身長の人に対応したトールサイズの振袖は扱っている数が限られるため、選択肢が多い早い時期から確保することをおすすめします。

高身長女子におすすめの振袖選びはプロによるコーディネートを参考にするのが近道

高身長女子に似合う振袖を選ぶには、大きめの柄や総柄で鮮やかなで濃い色あいのものがおすすめです。

ただし、振袖は洋服以上に試着して他の小物も全て合わせた状態でないと全体のイメージが決まらないことがほとんどです。
また、小物の色合いなどを決めるのも振袖をよく知っているプロの意見を取り入れた方がスムーズです。

振袖専門店「一蔵」では、高身長女性にぴったりなトールサイズの振袖も多数取り扱っています。気に入った振袖が見つからない、と悩む前にまずは一蔵にご来店ください。

振袖専門店「一蔵」はこちら