• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

振袖の着付け予約はいつまでにするべき?

一生に一度の成人式、女の子にとっては大切なイベントの一つです。高校を卒業してお勤めが始まったり、新しい学校に進学したりと忙しい時期ではありますが、油断していると出遅れて、残念な結果になってしまうことも。 特に振袖の着付け・・・無理がききませんよ! 後悔をしない為にも、情報をお伝えしますね。

1.成人式の着付けでかかる美容院の料金とは

振袖の着付けは着付け師の方が2人かがりで作業して、1時間弱となります。料金の相場ですが、地域差やシーズン差もありますがだいたい1万円~3万円の間です。5千円の着付け料金、というのは聞いたことがありません。

振袖が手元にないのであれば、着付け付きの振袖レンタルや購入をした方が料金は割安です。振袖の着付け予約だけをしたい場合は、主に美容院で受け付けています。美容院では着付けだけでなく、そのままヘアメイクもしてもらえますので一石二鳥です。美容院によっては、店内に「振袖の着付け・ヘアメイクたまわります」とポスターが貼ってあることも。成人式の着付け予約は時間が午前中の7時~10時くらいまでと時間が限られていますので、できるだけ早めに予約しておきましょう。

2.着付けとヘアセットを東京で探した場合

美容室の検索サイト「ホットペッパービューティ」などを見ると、東京の銀座で振袖着付けで8,800円という破格の安さのお店を見つけることができます。振袖をお母さまに借りられるけど、着付けができない!お金もあんまりかけられないという女子には有難い存在です。また、振袖店で振袖レンタルか購入をすれば着付けは無料です。

3.成人式の着付けの予約は1年前がベスト◎

hurisode__remake_mama

成人式の着物といったら「振袖」が定番です。実は振袖の購入・レンタルどちらも1年前がスタートと言われています。そんなに早く?どうしてでしょう。

①人気のがおさえられるから

hurisode_gara_botanhurisode_gara_botan-3hurisode_gara_tsujigahana

何と言っても、呉服メーカーが新作を発表するのが、その年の成人式が終わった後の1月後半から3月に掛けてです。この時期に振袖イベントに行くと、新作の振袖や帯がラインナップされていて、次回の振袖流行が分かりますよね。この時期を逃すと、人気振袖をゲットするのは難しいと思います。

②早期契約特典がある場合があるから

呉服店などによって色々ですが、早期契約特典があるケースは多いです。着付けやメイク、ヘアセット、写真、着物小物とワクワクする様なものが無料になる場合もあり、これらが期間限定。 どうせ成人式で振袖を用意するなら、特典は受けたいものです!振袖の来店予約をしたら浴衣がタダ?!振袖店の浴衣キャンペーンはどこがオトク?

振袖を購入する人も、レンタルする人も、まずはお気に入りの振袖を見つけよう♪

可愛すぎる!人気モデルのイチオシ振袖コレクションはこちら!

お気に入りの振袖がきっと見つかります!モデル満載の振袖カタログを取り寄せよう♪                                                                                       

③夏の日焼け前に写真が撮れるから

着物が似合うのは「色白」これに尽きます。勿論個性は色々ですが、顔映りは少しでも白い方がベスト! 前撮り写真を撮るなら、夏の日焼けをする前に写真撮りする事をお勧めします。 前撮り撮影の後、着物を着て帰る事ができるサービスがあるお店なら、3月や4月といったそれほど暑くない季節にお出かけして、沢山スナップ写真を撮るのもお勧めです。 スタジオとは違った自然体の写真も素敵で人気があります。

3.成人式の予約が間に合わないパターンとは?!

衣装をどうするか迷っていたり、そもそも成人式に出席するかどうか(仕事や学校の都合)分からなかったりして、気が付くと12月になってしまったら・・・もうギリギリですが、何が問題なのでしょう?

①近くの着付けのできる美容室は予約が埋まる場合がある

成人式は市町村によって違いますが、その地域では一斉に行われます。 成人式の時間も午前中から午後にかけて行われるのが多いですから、着付けは9時、遅くとも10時頃には終わらないと成人式に出席できません。

逆算すると、当日に着付けを出来る人数は、本当に少ないのです。 予約は早い者勝ち!人気のお店は早々に埋まってしまう可能性が高いと思って下さい。 呉服店では、振袖を購入したりレンタルしたお客様に「成人式当日の着付けサービス」を付けているお店も多いですが、ここも人数に限りがあります。秋頃までに契約しないと、着付けの予約は難しいと言われていますから、12月に契約をしても特典が受けられるかどうか、本当に難しいでしょう。

②選択肢が少なくなり、予算を超えてしまう場合がある

shutterstock_94191967_result

人気の振袖は勿論ですが、身長が高い方や低い方、ふくよかな方などは本当に選択肢が減ります。早期契約の特典として割引するお店がある半面、ギリギリの契約ですと割高になる可能性も多く、予算超えも覚悟が必要かも。 勿論、プライスダウンも考えられますが、購入でもレンタルでも残っている着物の中から選ばなくてはいけないのは、間違いありません。気に入った振袖に出会えるかあるかどうかは・・・運次第となりますね。

まとめ

成人式で振袖を着たいと思うなら、やはり先行活動が良いでしょうね。とは言っても、なかなかモチベーションを上げるのは難しいです。 もし都合が付くのであれば、前年の成人式を遠くから見ては如何でしょうか?先輩方の成人式姿を見ると、自然と来年のご自分の成人式のイメージが固まります。 振袖の着付け予約は、振袖契約をしたら同時に始めましょう。うっかり忘れたら、大変な事になります。早い者勝ちですよ!

 
一蔵公式 今月のSpecialEvent