【振袖の髪飾り】つまみ細工がキュートで可愛い!振袖の髪飾り画像7つ

誰でもきっと一度は見たことがある、つまみ細工。可愛らしい花飾りは、華やかな振袖にとても良く似合います。いま注目を集めているつまみ細工を、振袖とコーディネートしてご紹介します。

1.つまみ細工って?

七五三や舞妓さんの着物姿で見かける可愛らしい髪飾り、つまみ細工。江戸時代に作られるようになったかんざしで、細かな花細工と鮮やかな色合いが特徴の手工芸品です。

羽二重と呼ばれる正絹を小さな正方形に裁断し、ピンセットで折り紙のように折って(つまんで)花などを作ります。 デザインパターンは、角が丸い「丸つまみ」と角が尖った「剣つまみ」の2種類あり、丸つまみは梅のような花を、剣つまみは菊の花のような花を作ることができます。

花だけでなく花鳥風月のデザインが可能で、髪飾りだけでなく帯留などもあります。東京都では伝統工芸に指定されています。 最近手芸がブームとなっていることやテレビで紹介されたことなどから、専用キットを使って自分で作る人も。かんざしとしてだけでなく、ブローチやピアス、バッグチャームやヘアピンとして愛用する人が増えているようです。振袖を着るのに合わせて、自分で制作してみるのもよいかもしれません。

2.つまみ細工が似合う振袖髪型画像

着物の花柄を再現したような可愛らしさ満点のつまみ細工です。赤とピンクの花が可憐に咲き乱れ、顔に沿う藤下がりの部分がキュートな表情を添えています。

可愛い丸つまみで作られた花と、シャープでクールな剣つまみで作られた花の両方を楽しめるつまみ細工です。インパクトのある真っ赤な花はまあるい形に、淡い黄色の花は鋭い形にして、色と「形のバランスを見事に取っています。肩にある大きな赤い梅の花と呼応して、美しい一体感を出しています。

縁取りの金糸がアンティーク調なつまみ細工です。白ベースに黄色・青の配分がさりげなく、派手目な髪飾りが苦手な方にもつけやすい一品です。

黒地の着物にとても華やかに映える黄色のつまみ細工です。トップにボリュームを出したアップヘアにシックな着物、そしてこのつまみ細工で、大人のエレガンスと可愛らしさの両方を表現しています。

リボンや房のついた可愛らしいつまみ細工です。色もペールカラーでとても明るく、両サイドについているので顔周りをパッと華やかに見せています。ふんわり作ったヘアとともに、あどけなさの残るキュートな着こなしを完成させています。

白×赤のオーソドックスでクラシカルな美しさのあるつまみ細工です。ダークカラーを基調とした着物に、明るさと華やぎを添えています。小花を散らしたデザインも可愛らしく、レトロ調の着こなしによく似合います。

大胆な絵柄をあしらった着物の中の一色を使ったつまみ細工です。黒地に赤紫を効果的に配した着物にシャープなまとめ髪と大人の雰囲気たっぷりですが、可愛らしい髪飾りで少女っぽいあどけなさも残しています。クールさとキュートさがある素敵な着物姿です。

3.使ったあとの保存方法は

つまみ細工は正絹を糊で留めており、とてもデリケートなものです。保管するときは、形が崩れないように専用のケースに入れて保管するのが基本です。髪飾りよりも上下左右が大きい箱を用意し、厚紙や発泡スチロールなどで台を作り、ピンの部分を差して動かないように固定して保管します。もしくは、一般のかんざしのように、木箱に入れて固定します。

布製品であるため、色あせなどの経年劣化はやむをえません。なるべく劣化しないように、日光があたらない湿気の少ない場所に保管します。上手に保管すれば、いつまでも美しい姿を楽しむことができます。

まとめ

長い伝統を持つ伝統工芸品でありながら、つまみ細工には今なお色あせない魅力があります。色や形が豊富で、着物の美しさを引き立ててくれる素晴らしい髪飾りを、ぜひ着こなしに取り入れてみてはいかがでしょうか。

特集

人気記事

  1. 袖姿を披露するとなれば、もちろん髪型だってぬかりなく1番似合うスタイルを選びたいもの。けれど、「わた…
  2. 成人式の振袖姿は、本人だけでなくご両親や周囲の人にとっても貴重な想い出になります。振袖に合わせた素敵…
  3. おしゃれな着こなしには、3色のコーディネートがよいというファッションのおすすめルールがあります。これ…
  4. 久しぶりに会う友人もいれば、いつも身近に一緒にいられる親しい友達もいます。成人式で振袖をおしゃれに着…
  5. 和装には眼鏡は似合わないと思い込んでいる方が多いかもしれません。でも、実は着物姿を眼鏡で引き立て、個…
PAGE TOP