【不安】成人式は誰と行く?一緒に行く友達がいない場合はどうすればいい?

「成人式に一緒に行く友人がいない」と悩む新成人は多い、と言ったら驚きますか?晴着姿で友人と連れ立って成人式に出席、そんなイメージ通りの成人式を迎える人ばかりではありません。この記事が「それでも成人式に出席したい」人のために少しでもお役に立ちますように。

1.成人式に一緒に行く人がいない理由とは

自治体主催の成人式開催通知は、住民票のある役場から届きます。また出身学校によっては、学校主催の成人式もありますね。どちらの場合も成人式に出たくない理由は、多くの場合「一緒に行く人がいない」「独りぼっちになりたくない」というもの。

ではなぜ一緒に出席するような友人がいない状況になってしまったのでしょうか。ほとんどの場合、以下の理由に当てはまるようです。

①引っ越して疎遠になってしまった

両親の仕事の関係で引っ越しを余儀なくされ転校することになった、あるいは転校を繰り返したという人は少なくありません。するとどうしても、小さなころから仲の良い幼なじみの関係は築きにくくなります。

②友達にドタキャンされた

確かに一緒の学校に通っていた時は仲が良かったけれど、中学高校、そして大学と進むにつれて進路は分かれるもの。そして人は一番身近な人間関係を大切にするものです。

あなたから一緒に成人式に行こうと誘われたときは確かにうれしく懐かしく思ったとしても、現在の友人から頼まれればそちらを優先するのも無理はありません。

③元々あまり友達が多いタイプじゃない

人づきあいが得意なほうではない、あるいは一人でいるのが好き、という性格の人は、どうしても友達の数は少なくなる傾向になります。一人でいることが苦にならないタイプならまだしもですが、自分が望まないのに一人でいることになる、という人はつらいですね。

2.一緒に成人式に行く約束を事前にしておこう

「どうも下手すると一人ぽっちの成人式になりそうだけどそれは避けたい」と考えているなら、次のような予防策を打っておくことをおすすめします。

①メールやLINEで誘っておく

今は連絡が途絶えているけれど、メールやLINEなら気後れなく連絡できるという友人を一人選んで「成人式に一緒に行かない?」と誘ってみましょう。

この時、率直に「卒業後みんなと連絡とっていなくて、せっかく成人式に行っても一人になりそうだから、○○ちゃん達の仲間に入れてもらえたらうれしい」と打ち明けたほうが、「助けてあげたい」と思ってもらえることでしょう。

②SNSを駆使して情報をGETしておく

しかし、そもそも連絡先を知っている友人自体いない、ということだってあります。小学校の早い段階で転校してしまったけれど、成人式に出席する時点ではまた元の住所に戻った場合などは、そもそも知っている人自体が少なくなっています。

こういう場合はFacebookやLineの連絡先つながりで、同じ出身学校の人にコンタクトを取ってみることをおすすめします。「自分を覚えてくれている人」がいないか当たってみましょう。

3.それでも一人になりそうな場合

しかし、何も成人式は「一人で」参加していけないものではありません。友人とつるむことなく堂々と一人で成人式に出席できることは、むしろこれから一人の大人として自立する一歩を象徴するものといえるでしょう。

①意外といる!成人式一人参加の人達

実は成人式に「一人参加」している人は少なくありません。親の転勤その他の事情で長く一つの学校にいられなかった人や、住民票の関係であまりなじみのない現在の自治体の成人式に参加している人など、一人で参加している人は多いのです。

②会場で誰かに合える可能性も

たとえ一人で参加したとしても、会場に向かえば、そこで旧友たちと出会える可能性があります!少しでも疎遠になっていた友達と会いたい、と考えているならぜひ思い切って参加してみることを勧めします。

4.成人式は、今の自分を見せる最大のチャンス!

成人式に出席して、きっとおどろくだろうということのNo.1は「みんなが大人になっている!」ということでしょう。高校大学の時点でかなり進路が分かれますから、成人式に出席して出会うのは小中学校以来、というケースが多くなります。

そんな中、成長した自分をお互いに見せ合うことは刺激にもなります。

まとめ

いかがでしたか?人にはそれぞれ事情があり、一人で出席する人だって少なくありません。しかし、どうしても成人式に一人で出たくないならば、事前に連絡を取って一緒に行こうと声を掛けたり、成人式後の打ち上げは一緒に行こうとアプローチしておくことが大切です。ぜひ人生一度の成人式を楽しんでお過ごしくださいね。

特集

人気記事

  1. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  2. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  3. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  4. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
  5. 着物はその種類によって少しずつ造りが異なっています。訪問着などの街でも見かける着物と比べて袖が長く、…
PAGE TOP