彼氏と振袖の前撮りはやめた方がいい?彼氏同伴前撮りは賛否両論?!

一生に一度の成人式。成人式当日は何かと忙しいので、最近は「前撮り」といって、事前に記念写真を撮るのが一般的です。でも、せっかくなら「彼氏同伴前撮りをしたい」という話もありますね。どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

1.彼氏と振袖姿で写真を撮りたい女子は多い

夏祭りの際、カップルで浴衣を着ている人達が近年とっても増えてきました。仲が好さそうで微笑ましく素敵ですね。でも、成人式の記念撮影で、彼氏と一緒の前撮りはあまり見かけません。

成人式の前撮写真は、圧倒的に女子が多いですが、その中には「せっかくなら彼氏と一緒に撮りたい」と考える方も多いようです。自分の晴れ姿を見て欲しい・・・女の子なら皆考える、当たり前のことかも知れませんが、どうして浴衣の時のように彼氏同伴の記念撮影は増えないのでしょうか。

2.【彼氏と前撮り】反対派の意見

①一生ものなので記録に残る

成人式の時点で既に結婚しているなら、家族写真として夫と一緒に記念撮影しても何の問題もありません。

でも、まだ家族でないなら・・・お父様やお母様は、彼氏との同伴撮影を微妙に感じるかも。 また、別の方と結婚して子供も生まれた時に、昔の彼氏と撮った成人式の写真を家族に見せられるでしょうか?

自分の一生に一度の記念写真を別れた彼氏のために封印してしまうのは勿体ないですよね。

②別れた時に辛い

残念ながら、おつきあいしている彼氏とはお別れする可能性もあります。それは、どちらが良い・悪いではなく、ちょっとしたタイミングのズレかも知れません。でも、思い出したくもない別れになる場合も。成人式の写真を見る度に、彼氏のことも思い出して辛さが倍増・・・そんな可能性もあります。

③彼氏が普段着の場合、バランスがとれない

男性には照れ屋さんも多いのです。いくら彼女の記念撮影でも、普段着で来てしまうこともあります。女性が正装で、お隣の男性が普段着では明らかにバランスが悪く、記念撮影としては不適切でしょう。前撮りはそれなりのお値段も掛るので、お薦め出来ません。

3.【彼氏と前撮り】賛成派の意見

①成人式当日よりじっくり振袖姿を見てもらえる

キレイになった自分を彼氏に見て欲しい・・・恋をしている女子にとっては、当たり前の感覚です。成人式当日は、式典の他にも親戚への挨拶やクラス会など忙しい場合が多いでしょう。

かと言って、別の日に自分で着物を着て、ヘアをまとめるなんて、まず無理ですよね。せっかくの彼氏にキレイに装った姿を見てもらうには、前撮りは願ってもないチャンスなのです。

②一生の記念なので、人のいう事は気にしない

彼氏といるとイキイキした表情になるなんてこと、言われませんか?そう、女の子は彼氏の前ではキラキラ輝くのです。一生の記念写真なら、キレイな姿の一枚を残したいものですよね。

自分の気持ちを優先したら、素敵な写真を撮れるかも知れません。そう思うと、彼氏と同伴で記念写真に臨んでも良いのではないでしょうか。

③彼氏がスーツを着ればいいのでは?

彼氏も彼女のキレイな姿を見たいハズです。一緒に写真を撮りたいなら、是非スーツで来てもらいましょう。そうすれば、振袖と並んで撮っても違和感はありません。

そして自分の家族にも事前に了解を取っていれば、何の問題もないですよね。 彼氏と一緒に家族から成人式を祝って貰えるなんて素敵です。

4.前撮り以外でも一緒に写真を撮れるチャンスは?

レンタル振袖でも、前撮り撮影後に振袖を着たまま外出できるプランがあります。これなら、スタジオで写真を撮り終わった後、彼氏と一緒にデートすることも可能です。その際にプリクラなどで写真を撮ってみませんか?

スタジオ撮影と違って、リラックスした雰囲気の写真になるかも知れませんよ。

まとめ

確かに彼氏との彼氏同伴前撮りは賛否両論あるかも知れません。浴衣姿のカップルフォトと成人式の前撮りでは訳が違うのでしょう。

ですが、成人式の記念写真は大切な人生の一ページです。フォトスタジオでも色々なプランが増えていますから、後悔しないように一度チェックしてみて下さい。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP