振袖用の帯の特徴は?他の着物の帯と何が違うの?

「帯」とひとことでいっても、帯の格や合わせる着物、TPOなどによってさまざまな種類にわけることができます。そこでここでは、特に振袖に合わせる帯について、その種類や結び方について説明します。

1、振袖用の帯は、袋帯です

obi_shuugou_result

振袖用の帯は「袋帯」と呼ばれる帯です。 袋帯というのは、表地と裏地を縫い合わせて作った帯のこと。もともとは1枚の生地を袋状になるよう縫い合わせて作られていましたが、最近では、表地と裏地の2枚の生地を縫い合わせて作られているものも多くあります。 なお、1枚の生地を袋状になるよう縫い合わせた袋帯は、特に「本袋帯」と呼ばれることもあります。 袋帯は、もともとはフォーマル用として作られていた帯でした。礼装である振袖や留袖に合わせて締めるため、豪華な刺繍が入ったり、金糸や銀糸を使ったりなど、見ただけで格式の高さがわかる豪華なものが多いのはこのためです。 最近の袋帯の中には、デザインが控えめな「洒落袋帯」というものもあります。これはデザインや織り方が比較的カジュアルで、振袖以外の着物に合わせて締めることもできます。

2、着物の名古屋帯・半幅帯と比べ、長い

袋帯の特徴は、ほかの帯と比べて長いことです。 たとえば、いわゆる普通の着物に合わせてお太鼓結びをする名古屋帯は長さが3m60~70cm前後。浴衣などに合わせる半幅帯と呼ばれる帯は、3m80cm~4m前後の長さがあります。 一方、袋帯の長さは4m20~30cm以上。つまり、名古屋帯より、60cm前後以上長いということになります。

3、二重太鼓に結ぶ

hurisode_obi_up25

袋帯が長い理由は、その帯の結び方にあります。 振袖と合わせるときは豪華な変わり結びをすることも多い袋帯ですが、袋帯を締めるときは基本的に「二重太鼓」という結び方をします。 普通の着物では、帯は名古屋帯を合わせ、四角い形を作るよう結びます。この結び方を「お太鼓結び」といいます。そして、お太鼓結びの四角い部分を「お太鼓」と呼びます。 二重太鼓というのは、このお太鼓が二重になっている結び方のこと。二重太鼓にすると、お太鼓がふっくら大きく見え、フォーマルな場にふさわしい華やかさを漂わせることができます。 このように、お太鼓部分を二重にして結ぶから袋帯はその分長くなければいけないわけですね。

4、価格相場は?手織りか機械織りかで異なる

kimono_obi_maruobikimono_obi_bara

袋帯の値段は、手織りか機械織りか、あるいはフォーマル用かちょっとしたおしゃれ用か、素材は正絹かポリエステルかなどによって変わります。 手織りのフォーマル用の華やかな帯であれば40~50万円くらいから買うことができます。中には、100万円以上するものも。職人の手作業で、大量生産ができないためどうしてもお値段は高くなりがちです。 一方、機械織りの袋帯であれば10万円前後から買うことができます。 また、帯の買い方には、すでに帯としてできている仕立て上がりを買う方法と、帯用の生地を購入し仕立てだけ職人に依頼する方法があります。後者の場合は、職人によって仕立て代金は変わってきます。詳しくは、購入する際に呉服店に確認するといいでしょう。 なお、洒落袋帯の中には、数万円から買えるものもあります。しかし、デザインなどの格から考えて、礼装である振袖に合わせるのはあまりおすすめできません。振袖には振袖用の袋帯を合わせましょう。

5、袋帯のたたみ方は

kimono_tatamikata_hukuroobi-1

最後に、袋帯のたたみ方を紹介します。 脱いだ直後の袋帯には、体温や湿気が残っています。そのまましまうと、生地が痛む原因にもなりかねません。 そこで、まずは脱いだ後に2~3時間ハンガーなどに吊るして風を通します。 風を通したら、図のようにして袋帯をたたみます。 なお、たたむときは、折り目がしわにならないよう、折ったところに筒状に丸めた和紙をはさみます。また、金彩加工(金糸などを使った加工)や繊細な刺繍がほどこされている帯の場合は、加工や刺繍がいたまないよう和紙をはさんでたたみます。たたむ前には、和紙も忘れず用意しておくようにしてください。 たたんだら、たとう紙に包んで収納します。

まとめ

振袖用の帯、袋帯についての特徴をご紹介しました。 フォーマル用として使われる袋帯には、一般的な着物と合わせる名古屋帯や半幅帯にはない格と華やかさがあります。その特徴をきちんと押さえ、振袖に合った1本を選んでくださいね。そして、正しいたたみ方と保管方法で、いつでもいい状態で締めることができるようにしておきましょう。