人気の振袖は?色別 振袖ランキング2017

成人式で着る振袖を選ぶときは、他の人が着ているものや人気の色柄が気になるものです。人気を左右する一番の要素は、やはり色。そこで、人気がある振袖の色についてランキング形式でご紹介したいと思います。

1位 赤・・・どのサイトでも堂々の一位

hurisode_koten_syakuyaku-take-__red

hurisode_koten_botan-sakura__red

hurisode_colour_shinku

hurisode_obimusubi_tateyamusubi-4

hurisode_sakura_red

ハレの日に相応わしいおめでたい赤が、やはり人気No.1です。日本では伝統的に赤がおめでたい色として使われてきました。ですから、赤を身につけるというだけで晴れやかなムードを作ることができます。ハレの日に正統派の振袖が着たいという人は、赤の振袖を選ぶのがおすすめです。

赤の分量が多いほど、個性的で強い印象の着物になります。赤地の振袖を着たいけれど、あまり派手なものは嫌だという場合には、全体に占める赤の分量に注意して選びましょう。また、赤は他にどんな色を加えるかで印象が全く違います。優しくしたいならピンク、お祝いの雰囲気を出したいなら白、個性を出したいなら黒などをアクセントカラーにした着物がおすすめです。

2位 ピンク・・・女子なら一度は着たい色

hurisode_koten_tibaki-kiku_pink2

hurisode_koten_humei_pink

hurisode_kawaii_botan_pink-1

hurisode_kawaii_botan_pink

二位はピンク。洋服でも人気のある色は、着物でもやはり人気があります。未婚の若い女性が着る振袖には、優しくて素直な印象のあるピンクがとてもよく似合います。

ひとことでピンクといっても色合いはさまざまです。淡いピンクか濃いピンクかで印象ががらりと変わりますから、よく吟味して選びましょう。人気があるぶん着物の種類もとても豊富なので、誰にでも似合う着物が見つかるはず。私にはピンクは似合わないと思っている人も、気に入ったものを一度合わせてみるとよいでしょう。

3位 黒・・・いつもと違う自分を演出

hurisode_retro_kamon_black

hurisode_retro_botan_black

hurisode_koten_shibori_kiku_black

シックな黒も根強い人気がある色です。黒留袖など、礼装としてのイメージが強い黒地の着物ですが、振袖の場合は少し違います。胸元が黒一色の留袖とは異なり、華やかなお祝い柄が着物全体に施される振袖では、黒は逆に絵柄を引き立てる色になります。花車や色とりどりの草花、宝物など絢爛な柄も、黒地に配することでピシッと締まって見えます。

また、黒字の着物には全体を引き締める視覚的な効果もあります。着やせして見えるのも、若い女性に人気がある理由の一つ。いつもとはガラリと違った自分に変身できるのもポイントです。普段はパステルカラーで優しい印象の洋服が好きな人も、振袖は黒地にしてみれば落ち着いた大人の女性をアピールできます。

4位 紫・・・色白さんにオススメ

hurisode_cool_bara_violet

hurisode_koten_botan_white

hurisode_you_kiku-tubaki_purple

hurisode_koten_sakura_purple2

紫は古来、高貴な人が着るものとされてきた色です。着こなしが難しいように感じますが、肌の白さを引き立ててくれる色なので色白さんにおすすめです。濃い紫を選べば黒地に近い感覚で着られるので、思ったよりもしっくり馴染みます。

実は着物を選ぶときに重視して欲しいのは、自分の肌色を美しく見せてくれる色を考えること。着物だけを見て選ぶのではなく、着たときに自分が一番美しく見える色柄を選ぶのがコツです。紫はなかなか選ばない色かも知れませんが、色白さんならぜひ選択肢に加えてみてください。

紫の振袖には、伝統的な古典柄のほかにモダン柄もたくさんあります。他の人とひと味違う個性的な装いをしたいという人に特に人気があるようです。

5位 緑・・・最近、人気の緑

hurisode_kawaiku_kiku_green

hurisode_glomorous_fumei_green

hurisode_obimusubi-_bunko2

img_9276_result

hurisode_hairmake_medium2

sg1_1306

hurisode_hairstyle_ash

近頃は、緑も人気があります。緑色は日本人の肌色に合わないともいわれますが、着物に使われる緑は和の色なので、日本人にもとてもよく合います。赤やピンクが圧倒的な人気を誇る中、緑のような寒色系の振袖を着れば、目立つこと間違いなし。みんなと同じ格好は嫌だ、自分らしく個性を出したいと思っている人におすすめです。

緑の着物は、イメージしているよりも優しく落ち着いた気品があります。森を思わせる濃い緑なら、赤やピンク、クリーム色の花々を美しく見せる背景色になりますし、薄い緑は着物に明るい印象をプラスしてくれます。

まとめ

本当にたくさんの種類がある振袖は、選ぶのもなかなか大変。人気や傾向を知って選ぶのも一つのよい方法です。ランキング上位に入る色は、似合う似合わないの判断をする前に、すべて一度は探してみるとよいでしょう。意外な色から自分のとっておきの一枚を探し当てることができるかもしれません。

特集

人気記事

  1. 袖姿を披露するとなれば、もちろん髪型だってぬかりなく1番似合うスタイルを選びたいもの。けれど、「わた…
  2. 成人式の振袖姿は、本人だけでなくご両親や周囲の人にとっても貴重な想い出になります。振袖に合わせた素敵…
  3. おしゃれな着こなしには、3色のコーディネートがよいというファッションのおすすめルールがあります。これ…
  4. 久しぶりに会う友人もいれば、いつも身近に一緒にいられる親しい友達もいます。成人式で振袖をおしゃれに着…
  5. 和装には眼鏡は似合わないと思い込んでいる方が多いかもしれません。でも、実は着物姿を眼鏡で引き立て、個…
PAGE TOP