【振袖】レンタルと購入は結局今どっちが多い?振袖購入で迷っている方へ

振袖をレンタルするか購入するかで迷っていませんか? ここではそれぞれのメリットと、どんな人にオススメなのかを簡単に説明します。ぜひ、レンタルか購入かを決めるときの参考にしてください。

1.レンタルと購入はほぼ半数

かつては、成人式の振袖は母親などから受け継ぐか、あるいは新たに購入するのが一般的でした。しかし最近では、新成人の半分以上がレンタル振袖を利用しているというデータがあります。 親や祖父母の世代にはひょっとしたら、レンタルは恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。

しかし現在の新成人はそんなことにこだわっている様子はありません。レンタルか購入かにはこだわらず、本人の好きな振袖を準備することが大切です。

2.振袖レンタルはこんな人にオススメ

①成人式以外振袖を着る予定がない

同クラスのクオリティの振袖の場合、レンタルは購入のおおよそ半額程度の価格で用意できることもあります(色柄などによって違いは出てきます)。そのため、成人式以外に振袖を着る予定がないというのであれば、レンタルで準備したほうが費用も安く抑えることができておトク。

また、最近は成人式用の振袖をレンタルすれば、前撮り写真撮影はもちろん、大学などの卒業式の際にも振袖を借りられるサービスをしているレンタル振袖ショップもあります。このようなサービスを活用すれば、かなりおトクな値段で振袖レンタルをすることができるでしょう。

②サイズが平均

レンタル振袖ショップに用意されている振袖は、日本人女性の標準的な体型に合わせて仕立てられたものです。そのため、標準的な体型や身長の人であれば、ほとんどの振袖を着こなせます。お店で実際に試着してみてサイズに問題がないようであれば、レンタル振袖を利用するといいでしょう。

③柄や色にあまりこだわりがない

振袖レンタルの料金は、色と柄で決まります。人気の色柄の中には、購入とほとんど変わらないお値段になることも。また、人気の色柄のものは早めに予約が入るので、なかなか借りにくいこともあります。

しかし、特に色や柄にこだわりがないのであれば、レンタル料金は比較的安価。また、こだわりさえなければ成人式がある程度迫っていても十分振袖を用意することができます。色柄にこだわりがないなら、レンタルを利用するといいでしょう。

3.振袖購入はこんな人にオススメ

①成人式以外でも振袖を着るかもしれない

レンタルは確かにおトクなのですが、それでも何回もレンタルすると購入と変わらない価格になります。成人式以外、たとえば卒業式や親戚の結婚式などにも振袖を着たいのであれば、購入したほうがおトクになる場合も出てきます。

成人式以外で振袖を着る予定がある場合は、まずその回数をリストアップ。その回数振袖をレンタルした場合の料金と購入する場合の代金を比較してみるといいでしょう。

②サイズが平均ではない

振袖を購入するときの最大のメリットは、自分のサイズに合わせてお誂えをしてもらえること。特に小柄、ふくよか、身長が高いなど平均的ではないサイズの人は、振袖を誂えることをオススメします。自分の体に合ったサイズの振袖は、着姿もキレイに決まりますよ。

③お気に入りの振袖を着たい

  

色や柄にこだわり、自分の気に入った振袖を着たいという人もお誂えがオススメです。 流行の色や柄、あるいは上質な素材を使った振袖の場合、レンタルも購入も金額的にはほとんど差はありません。

加えて、レンタルの場合は人気の色柄から予約が入っていきます。気に入ったものがあっても、すでに先約済みということも。そんなことにならないよう、色柄にこだわるなら誂えてしまったほうが確実です。

 

まとめ

振袖のレンタルと購入には、それぞれメリットとデメリットがあります。あとから「こんなはずではなかった」とならないよう、それぞれのメリットデメリットをよく知り、比較して決めるようにしてくださいね。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP